システムエンジニアが取引先へ引き抜かれて転職するというケースは、実はそう珍しいことではありません。

転職をする際に考えたい大切なこと
CONTENTS
転職をする際に考えたい大切なこと

システムエンジニアの引き抜きによる転職

システムエンジニアの引き抜きでよく知られているのが、取引先に引き抜かれて転職するパターンです。システムエンジニアと取引先は、もともと、どちらの社員かわからないと言われるほどの親しい関係を築いている場合が多く、引き抜く側も引き抜かれる側も、双方共に安心出来る相手ということが言えます。通常は、顧客に引き抜かれるというのは、会社としては非常に困りものなのですが、システムエンジニアに関しては、上司も暗に認めているようなところがあります。

システムエンジニアの場合には、30代までが転職のピークと言われ、システム開発は30代まで、40代に入れば現役で働き続けるのは大変だと一般的には言われています。システム開発は、残業続きであることが通常ですから、40代に入ってしまうと体力や気力が続かなくなってしまうからです。しかし、もちろん個人差はありますので、中には40代になっても現役でシステム開発に携わっているシステムエンジニアはいます。

そうなるためには、自分を磨く必要があるのです。もしかすると仕事のせいでは無くて、自分の意識のせいということも考えられるのです。そうであれば、いくら仕事を変えても結局はまた新しい仕事を求める結果になってしまいます。まずは自分を見つめなおすことが何よりも優先スべきことなのです。転職という存在はそういうことをして初めて価値が出るのです。


Copyright(c) 2017 転職をする際に考えたい大切なこと All Rights Reserved.